トップページ

FNKOMIケア学会を知る

学術集会について

学術集会について

研修会

金井 一薫について

金井 一薫について

KOMI理論

KOMIケア理論とは


 「KOMIケア理論」とは、ナイチンゲール看護思想を基盤とし、 看護と介護を統合した思想体系を持つ看護・介護原論です。KOMI理論研究会の会長・金井一薫先生の30年に及ぶナイチンゲール看護思想研究の末に生まれました。

 「KOMI」とは、「KOMIケア理論」を構築した金井先生の名前にちなんで、
「Kanai Original Modern Innovation」の頭文字を取ってつけられた呼称です。

 「KOMIケア理論」実践理論です。現在ケア大国になったわが国においては、 他職種が連携してケアを行なう上で、「KOMIケア理論」の存在は、ケアの視点を共有する基盤として大きな意味を持ちます。そして、「KOMIケア理論」をケア現場で実践するための記録様式として、2004年には「KOMI記録システム」が開発されました。



理論というものは、実践に支えられているかぎりは大いに有用なものですが、実践に伴わない理論は、看護婦に破滅をもたらすのです。フロレンス・ナイチンゲール


KOMIケア理論の全体像

  • ・ 目的論:ケア(看護・介護)とは何か
  • ・ 対象論:ケアの対象である人間を、“生活している人間”として見つめる
  • ・ 疾病論:人体の構造や機能、さらに病気や症状をケアの視点で見つめる
  • ・ 方法論:ケアワーク展開の道筋を示す
  • ・ 教育論:専門職教育のあり方と方向性を解く
  • ・ 管理論:組織・管理のあり方と方向性を解く
  • ・ 研究論:実践の発展、また実践を豊かにするための研究のあり方と方向性を解く