トップページ

FNKOMIケア学会を知る

学術集会について

学術集会について

研修会

金井 一薫について

金井 一薫について

研究助成制度

 

「2016年度募集要領」

 


1.目的:ナイチンゲールKOMIケア理論の発展に貢献する研究、およびナイチンゲールKOMIケア理論の
実践の進展に寄与する研究を計画する会員に対して、研究支援の目的で助成金を提供する。


2.研究助成の対象:ナイチンゲールKOMIケア学会の会員歴3年以上の個人による研究、および会員歴
  3年以上の会員がリーダーとなる共同研究。ただし共同研究者は全員が会員であることを要する。


3.助成金額:1テーマ20万円以内の研究。助成金の総額は30万円。  


4.研究期間:研究期間は原則として1年間とする。
  2016年度の研究期間は、2017年1月~2017年12月末とする。


5.申請手続:別添の書式により「研究助成申請書」および「研究計画書」を作成し、
  下記の期日までに事務局まで郵送すること。


6.応募期間:2016年9月1日~9月30日(消印有効)


7.助成の決定:2016年10月中旬を予定。


8.研究成果の報告:研究成果は研究年度の翌年に開催される「特定非営利活動法人・

  ナイチンゲールKOMIケア学会」において報告すること。


 

研究助成規程

 

(目的)
第1条 本制度は、ナイチンゲールKOMIケア理論の発展、およびナイチンゲールKOMIケア理論の実践の
     進展に寄与する研究を計画する会員に対し、研究支援の助成金を提供することを目的とする。

(助成対象)
第2条 この助成制度の対象は、ナイチンゲールKOMIケア学会の会員歴3年以上の個人による研究、及び
     会員歴3年以上の会員がリーダーとなる共同研究とする。ただし共同研究者は全員が会員であるこ
     とを要する。

(助成金額)
第3条 助成金額については、1研究テーマにつき20万円以内とする。また、助成金の総額は30万円とする。

(研究期間)
第4条 本助成金による研究期間は原則として1年間とする。

(申請手続)
第5条 本助成金の申請を行なう者は、所定の申請書並びに研究計画書を作成し、申請締切日までに
     理事長宛に提出しなければならない。申請締切日については、毎年度、募集要項に定める。

(選考・決定)
第6条 研究助成審査委員会は、提出された申請書を審査、選考する。選考結果は、本学会理事会の議を
     経て理事長が決定する。採択結果については「ナイチンゲールKOMIケア通信」を通して会員に報告
     する。

(通知)
第7条 採択された研究課題に対しては、その研究者または研究代表者宛てに理事長名で研究助成金
     交付決定通知書を発行し通知する。

(対象経費)

第8条 対象経費は別紙1の通りとする。

(研究成果の報告・公表)
第9条 助成金の交付を受けた者は、当該年度内の所定の期日までに助成金支出報告書を提出しなけ
     ればならない。助成金支出報告書の提出期日については別途指定する。

2 本助成金の交付を受けた者は、研究期間終了後1ヶ月以内に研究成果報告書を研究助成審査委員会
  に提出するものとする。

3 本助成制度を受けたものは、翌年に開催される本学会学術集会において研究成果の発表を行うものと
  する。
第10条 この規程に係る事務は 本学会事務局が所管する。

(規程の改廃)
第11条 この規程の改廃は、本学会理事会の議を経て、理事長が行う。

附 則
この規程は、平成25年7月8日から施行する。

 

 

対象経費


対象経費となるものは、申請書に基づき当該研究に直接必要な経費に限る。

費 目

対 象 経 費

備考

消耗品費

物品を購入するための経費

1,3

旅費交通費

研究者及び研究への協力をする者の国内出張(資料収集、各種調査、研究の打合せ、研究の成果発表等)のための経費(交通費、宿泊料)

 

2

印刷費

資料印刷費、複写費、研究成果広報用パンフレット作成費用、講演収録集刊行に係る経費(印刷代、用紙代、製本代等)等

 

通信運搬費

通信費(切手、郵送料、電話等)、運搬費等

 

賃 借 料

施設・設備使用料、レンタル費用(コンピュータ、自動車、実験機器・器具等)、研究場所借り上げ費等

 

支払手数料

振込み手数料、機器修理費用、修繕費、データベース使用料、研究成果発表費用(学会誌投稿料等)、研究への協力(被験者、資料整理、実験補助、翻訳・校閲、専門的知識の提供、アンケートの配付・回収、研究資料の収集、テープ起こし等)をする者に係る謝金等

 

4

 

 

 


備考
1. 購入にあたっては、原則としてクレジットカード等を使用しないこと。
2. 旅費交通費は、事前申請を原則とする。
3. 茶菓代、弁当代、懇親会費、学会年会費、参加費、登録費、食事代、図書費、研究用機器備品代は対象外とする。
4. 契約を行う場合は、本学会が契約の当事者になること。

 

 

 

申込みフォームへ
申請書

(Excel形式)
  申込みフォームへ
計画書

(Excel形式)