トップページ

FNKOMIケア学会を知る

学術集会について

学術集会について

研修会

金井 一薫について

金井 一薫について

研修会のご案内


■このイベントは無事終了いたしました。

ナイチンゲールKOMIケア学会・2017画像

大会テーマ: 理念をかたちに!
-つながろう 磨こう 私たちの実践力-
会 期:
  • 2017年(平成29年)6月17日(土曜日)
会 場:

大阪市立大学医学部学舎4階 大講義室
(大阪市阿倍野区旭町1-4-3)


プログラム(案)
9:30~ 9:40 理事長挨拶:金井一薫
 
9:40~10:20 集会長報告
テーマ:急性期病院へのナイチンゲールKOMIケア理論導入
-過去、現在、未来-   阪南中央病院:石川惠子
 
10:30~11:30

一般演題 Ⅰ ( 座長:野中美枝子 )
①KOMIケア理論による院内教育と実践経過、そしてこれからの課題
  阪南中央病院:眞鍋 みゆき他
②要介護5から要介護3に変化したプロセスを通してみえるもの
  ディサービス あさんて:加藤 長年他
③KOMIケア理論を基に作成した学習教材を用いた授業の試み
  -保健師学生を対象とした結核患者保健指導の授業を例に-
  兵庫医療大学:魚崎 須美
④ケア情報の可視化の教育的効果-国際会議における発表と評価を中心にして
  日本工業大学情報工学科:江藤 香

 

11:30~13:00

総会・昼食

 

13:00~14:00

一般演題 Ⅱ ( 座長:青木智子 )
⑤せん妄を看護の視点で解き、看護ケアを振り返る
  阪南中央病院:増田 ひろみ他
⑥地域包括ケア時代の介護と介護福祉士教育の課題
  神戸女子大学:横山 正子
⑦訪問介護員を対象としたKOM Iケア理論研修の効果
  高知県立大学:荒川 泰士他
⑧ITシステム ・ ケアコラボ版における
  KOMIの認知症スケールとスタンダードケアプラン
  徳島文理大学大学院:金井 一薫
  社会福祉法人・福祉楽団:石間 太朗

 

14:10~14:30

指定演題 : スマートフォンからケアの記録を !
―「ケアコラボ」の開発と現状―
ケアコラボ株式会社:藤原 士朗

 

14:40~15:30

特別講演Ⅰ
テーマ:暮らしの中で行う摂食訓練のかたち
ナーシングホーム気の里・施設長:田中靖代

 

15:30~16:20

特別講演Ⅱ
テーマ:ケアに“楽しい”の専門性を求めて
~ダイバージョナルセラピーの実践~
NPO法人日本ダイバージョナルセラピー協会・理事長:芹澤隆子

 

16:20~16:30 集会終了のご挨拶
次期集会のご案内


参加費: ◆事前受付-会員: 8,000円 非会員:10,000円 非会員(学生):2,000円
◆当日受付-会員:10,000円 非会員:12,000円 非会員(学生):2,000円
昼 食:
  • 会場内への飲食持込は可能です。
    会場外に、あべのハルカス内のレストラン等、多数あります。
会 場:

大阪市立大学医学部学舎4階 大講義室
(大阪市阿倍野区旭町1-4-3)



【演題申込方法について】

  • 申込資格: 演題発表者は、共同研究者を含めて演題を申し込みする時点で、ナイチンゲールKOMIケア学会の会員であることを要します。
    演 題:
    • 学会テーマに基づいた内容で、未発表の研究又は実践報告とします。
      (施設内発表のものは発表可)
    発表の形式:

    口演:発表時間は、1演題10~15分を予定しています。原則PCにて行います。

    選考方法: 申し込まれた演題は、学会実行委員会で選考の上、採否の決定を致します。
    2017年3月初旬以降、採否を決定し、ご連絡致します。
    演題申込方法:
    • 同封の申込書に記載し、FAXまたは郵送、メールでの申し込みも可能です。
      演題申込書は、阪南中央病院HP上からもダウンロード可能です。

    • 演題申込書(PDFファイル) / 演題申込書(Wordファイル)

    • 演題受付期間
      2016年12月1日(木)~ 2017年2月28日(火)



【アクセス】

大阪市立大学医学部

  • 大阪(伊丹)空港より空港バスにて「あべの橋(あべのアポロ前)」まで約30分(会場まで徒歩5分)
     
  • 新大阪駅より地下鉄御堂筋線にて「天王寺駅」まで約21分…西改札を出て13番・14番出口へ(会場まで徒歩7分)
     
  • 関西空港第1ターミナルより空港バスにて「あべのハルカス(天王寺駅)」まで約55分
  •  
    関西空港より「天王寺駅」までJR特急はるかで約30分