トップページ

FNKOMIケア学会を知る

学術集会について

学術集会について

研修会

金井 一薫について

金井 一薫について

地方研修会のご案内

■このイベントは無事終了いたしました。

 

地域・在宅ケア・研修懇談会のお知らせ

   テーマ:終末期ケア、一人暮らしを支えるケア


 地域・在宅ケアの重要性は、日を追うごとに高まっています。
 地域・在宅にあっては、「自分らしく家で最期を迎えたい」「認知症になっても可能な限り自宅で過ごしたい」「一人暮らしでも持てる力を使って地域で暮らしたい」という願いや希望を叶える時代となりました。
 このテーマは、待ったなしで実現しなければなりません。
 そのためにはどんな実践形態が可能なのか?
 KOMIケアを活用して、地域・在宅ケア実践をするには何が必要なのか?
 すでに実践している事業所の報告を聴きたい。
 こんな要望が届いています。
 そこで、今、実践している方々の具体的な姿を紹介しながら、確かな方向性を探ります。


 

日 時:

平成26年10月11日(日) 13:00~17:00

場 所:

日本社会事業大学 茗荷谷キャンパス(東京都文京区小石川5-10-12)

募集定員: 50名
参加費: 5,000円(会員・非会員問わず)
講師とテーマ:

(1)魚埼須美:独居高齢者の在宅終末期ケアのあり方をKOMIケア理論で照らし出す
         兵庫県芦屋健康福祉事務所
(2)隅倉芳子:ターミナル期のスタンダードケアプラン
         菜の花訪問看護ステーション(東京都西多摩郡瑞穂町)
(3)片山智栄:認知症初期集中支援システムの課題とこれからへの期待
         桜新町アーバンクリニック在宅医療部(東京都世田谷区用賀)
(4)村上紀美子:納得の老後-日欧在宅ケアの現場を通して
           医療ジャーナリスト
         ↓
会場でのディスカッション

問い合わせ先:

学会支援機構 : 文京区大塚5-3-13 4F

Tel:03-5981-6011    Email: komihonb@asas.or.jp